PR

 Windows Vistaでは、スタートメニューの電源ボタンを押すと「スリープ」と呼ばれる状態に入る。これはメモリーやハードディスクにWindowsの状態を残したまま、CPUなどへの電力供給を最小限に抑える機能だ。再びパソコンの電源ボタンを押すと、スリープに入ったときの状態に数秒で復帰してWindows Vistaを使えるようになる。ノートパソコンの「スタンバイ」と「休止状態」を合わせたような機能だ。

 このスリープ状態ではなく、電源を完全にオフにする「シャットダウン」や「再起動」、Windows XPでスタートメニューから選択できた「ログオフ」などは、スタートメニューのロックボタン(鍵のマークのボタン)の脇にある「▼」ボタンを開いて選択する。

拡大表示
図1 スタートメニューを開き、鍵マークの「ロックボタン」脇にある「▼」ボタンを押すと、画面のような終了メニューが表示される。ここから「ユーザーの切り替え」「ログオフ」「ロック」「再起動」「スリープ」「休止状態」「シャットダウン」を選べる

拡大表示
図2 ちなみに「ロック」ボタンを押すと、Windowsの状態はそのままにログオン画面へ切り替わる。パスワードを設定している場合は、パスワードを入力しないと何も操作できなくなる。「ログオフ」と違い、Windowsの状態はそのまま保てるので、ちょっと席を離れる時など、誰かにパソコンを操作されたくない時に便利だ