PR

 最近、デジタル一眼レフカメラをぶら下げた人々を街でよく見かけるようになりました。ましてや、コンパクト型のデジカメやカメラ付きケータイなら、ところ構わず取り出しバシャバシャと撮るなんて、日常風景ですよね。そう、デジカメは私達に、写真を撮影する機会を格段に増やしてくれました。

 しかし、せっかく撮った写真を楽しむ機会はというと……。総じて減ったように思えてなりません。特に、家族や友人と楽しむ機会が。そういえば昔は、取り終えたフィルムは必ず写真店で現像してもらい、プリント結果を当たり前のようにすべてアルバムに納めていました。手間のかかった手作りのアルバムだったり、写真店でもらったオマケのクリアフォルダーだったり、どんな形にしろ、機会ある度に取り出してみんなで眺めたものです。

 デジカメ時代の今はどうでしょう。実は貴重な写真が、ハードディスクの肥やしになっていたりしませんか? 白状しますと、私のパソコンの「マイピクチャ」フォルダーはぐっちゃぐちゃ。写真を見るのは撮った直後か、ごくたまに誰かにほしい写真があると頼まれた時ぐらいです。そのときばかりは必死になって写真を探し出し、とっておきの1枚ぐらいは画像補整をして、インクジェットプリンターで印刷します。聞いた限り、私の周りの知り合いも多かれ少なかれ、似た状況のようです。

 もちろん、写真管理ソフトやネット上のオンラインアルバムサービスを積極的に活用している、整理整頓好きの友人もいました。が、それでも撮影から時間が経過した写真は全く見ないし、まして誰かに見てもらうことは皆無に近くなってしまうとのことでした。写真とは本来、自分で見て、さらに人に見せてこそ生きてくるものです。とかくデジカメを使い始めると、撮影テクニックや画像補整ソフトの機能に凝ったりしがちですよね。かくいう私もそうです。でも、肝心の写真を見る機会が少ないのでは本末転倒な気がしてきました。デジタルだからこそ、CDに収めた音楽のごとく、写真も再生しやすくなったはずなのに……。

 アルバム作りの習慣が、デジカメ化の波の中で失われたのは残念でなりません。とはいうものの、面倒くさがりやの私が、今さら1枚ずつプリントしてアルバムを作る手間のかかる作業なんてやるわけがない。そこで探してみると……。ありました、ありました、ステキなサービスが。パソコンを使って手元の写真をインターネット経由で送るだけで写真集を仕立ててくれる製本サービスが、世の中には結構あるんです。

 早速実際にいくつか試してみたところ、本格的な写真集がとっても簡単にできてしまいました。写真が1ページ1ページ印刷され、製本してあるので、書店に置いてあるような出来映え。素人写真を単に並べただけでもそれなりに格好良く見えるから不思議です。自分のためにこっそり作って悦に入るのもいいですし、見せびらかしたり配ったりすれば、きっと相手にも喜ばれること請け合いでしょう。CDケース大のものなら2000円程度ですし、1冊だけでも請け負ってくれます。納期はおおむね1週間程度、注文した当日に発送してくれる超特急サービスもありました。レイアウトは自分でしなければなりませんが、テンプレートが充実していますから、製本の知識ゼロでも手早く作れるのもうれしい配慮です。

 どうですか。興味が沸いてきましたか? 以下に代表的なサービスへのリンクを列挙しておきますので、ぜひ写真集作りに挑戦してみてください。写真を触媒に誰かと記憶を共有してはじめて得られるウレシサ。アルバム化の復権は、銀塩写真時代に当たり前に感じていたはずの記憶も呼び覚ましてくれそうです。

【主なデジカメ写真製本サービス】
マイブック
olio photo
CANON iMAGE GATEWAY
スナップステーション
Photoback
ホンニナルドットコム
VisualBookPro
なんでもアルバム
オンラインラボ
ジョイピクス
iPhotoBook