PR

 Excelで作成した表を印刷するとき、必要な部分だけを印刷したいというケースがあります。必要な部分を別のシートにコピーしてもよいのですが、Excelの機能を使えばもっと簡単に必要な部分だけを印刷できます。いくつかの方法があるので、順に説明しましょう。

 まず、不要な部分を非表示にして印刷する方法を紹介します。ここでは、列を隠してみます。印刷しない列をマウスで選択し、右ボタンを押します。表示されたメニューで「表示しない」を選びます。これで選択した部分が非表示となるので、このまま印刷すれば表示している部分だけを印刷できます。

不要な列を選択して、マウスの右ボタンを押す。表示されたメニューで「表示しない」を選ぶ
選択した列が非表示になるので、このまま印刷すればよい。表示を元に戻すには、非表示にした列を挟む両側の列を選択し、右ボタンメニューで「再表示」を選ぶ

 印刷したい部分が小さいのであれば、そこだけを選択して印刷する方法が簡単です。印刷したい部分を選択し、「ファイル」メニューにある「印刷」を選びます。印刷の設定画面で「印刷対象」欄にある「選択した部分」にチェックを付けます。これで選択した部分だけを印刷できます。この方法では、複数の部分を選択することもでき、その場合はそれぞれが、別ページで印刷されます。

マウスをドラッグして印刷したいセルを選択し、「ファイル」メニューの「印刷」を選ぶ
「印刷」画面にある「印刷対象」欄で「選択した部分」を選択して「OK」ボタンを押す

 日報や月報のようにいつも同じ部分を印刷するのなら、あらかじめ印刷範囲を指定しておく方法もあります。マウスのドラッグなどで印刷したい部分を選択し「ファイル」メニューから「印刷範囲」→「印刷範囲の設定」と選びます。これで常に選択した部分だけを印刷できます。

いつも同じセルを印刷するのなら、あらかじめ印刷する場所を指定しておく。印刷個所を指定して「ファイル」メニューの「印刷範囲」→「印刷範囲の設定」を選ぶ
範囲指定などをせずに、普通に印刷しても、指定した個所だけが印刷される