PR

 最近のMacintoshであれば、Windowsパソコンにアクセスし、保存してあるファイルを取り出すことが簡単にできます。Windowsネットワークへの接続機能を、Macが標準で備えているからです。

 方法はいたって簡単です。エクスプローラに相当するファインダーの画面を表示し、左枠の「ネットワーク」をクリック。これで、右枠にWindowsネットワークのワークグループが表示されます。ちょうど、エクスプローラ上で「ネットワーク全体」をクリックした状態です。以後の操作はWindowsと同じです。ワークグループ、目的のパソコンの順にアイコンをダブルクリックします。IDとパスワードを入力してWindowsパソコンにログインすれば、共有を許可してあるフォルダーにアクセスできます。

Macintoshの最新OS、Mac OS Xには、Windowsネットワークにアクセスする機能が備わっている。ワークグループの参照が可能である

 Windows上のファイルは、テキストや画像であれば、Macの標準ビューワーソフトでそのまま表示できます。変換の必要はありません。Mac版のOfficeソフトがインストールしてあれば、WordやExcelのファイルも無変換で表示できます。

 逆に、WindowsパソコンからMacにアクセスすることも簡単です。この場合、Macのファイル共有機能をオンにします(下図)。WindowsパソコンからMacにアクセスするには、エクスプローラのアドレス欄にMacのアドレスを入力します。そして、IDとパスワードを入力すれば、Macのデータにアクセスできます。

OS Xは、Windowsファイル共有の機能を標準で備える。MacintoshをSMBサーバーとして動作させることで、WindowsパソコンからMacintoshへアクセスできるようになる。ただし、読み書きできるのはログインしたIDでアクセス可能なフォルダーに限られる