PR

 Officeソフトをお使いなら、まずはマイクロソフトが用意しているWebサイト「Office Online」の「クリップアートとメディア」で無料の素材を探してみるとよいでしょう。WordやExcelの「ヘルプ」メニューにある「Microsoft Office Online」からアクセスできます。左側メニューの「クリップアートとメディア」を選んでください。

 気に入った素材にチェックを入れると「バスケット」に入り、まとめてダウンロードできます。ダウンロードした素材は、Officeに標準で付属する「クリップオーガナイザ」というソフトに自動的に登録されます。このソフトはOffice Onlineからダウンロードした素材だけでなく、BMP、JPG、GIF、PNG、TIF、WMFといったさまざまな形式で作られた素材をまとめて管理できます。

豊富なジャンルのイラストをそろえている「Office Online」の「クリップアートとメディア」。入手したいイラストにチェックを付けると「バスケット」に入り、まとめてダウンロードできる
Officeに付属する素材管理ソフト「クリップオーガナイザ」。「Office Online」でダウンロードしたイラストはここに追加される。自分で入手したイラストもまとめて追加できる

 このほか、「PCオンライン」でもパソコンや周辺機器の素材を豊富に用意しています。ZIP形式で圧縮されているので、Windows XPの場合は、ファイルを右クリックし「すべて展開」で解凍します。素材は拡大、縮小しても画像が粗くならず、Officeソフトで読み込めるWMF形式になっています。

 PCオンラインから入手した素材もクリップオーガナイザで管理すると便利です。管理したい素材を、クリップオーガナイザにドラッグ・アンド・ドロップするだけで追加できます。「PC Onlineイラスト集」といったフォルダーを新規作成しておくのもいいでしょう。

無料で素材を配布しているサイトから入手する方法も。「PCオンライン」の「便利素材集」には、パソコンや周辺機器のイラストを豊富に取りそろえている「素材集」がある

 各素材にはキーワードを付けておきましょう。クリップオーガナイザの各素材の上で右クリックし、「プレビューとプロパティ」を選ぶと、「キーワードの編集」が行えます。

イラストには自分でキーワードを付けられる。面倒でもきちんと付けておこう。入手したイラストが大量になってきても、キーワードをきちんと付けておけば検索機能で容易に目当てのイラストが探せる

 実際に手に入れた素材を使うには、Officeソフトのメニューにある「挿入」の「図」にある「クリップアート」を選びます。画面右側に検索窓が出てくるので、探したいキーワードを入力して検索しましょう。表示されたイラストはドラッグ・アンド・ドロップで文書内に挿入できます。また「ファイルから」を選ぶと、直接ファイルを指定して挿入することもできます。