PR

数カ月前、大阪に出張に行きました。
出張期間中に1日予定が空いたので、大阪近郊で何か面白い制度を導入している会社はないか?と探すことになりました。
というのも、カヤックでは「はっけん!面白制度」というコーナーを運営しており、毎月1~2社、面白い制度のある会社を取材しているからです。これまで紹介してきたのは東京近郊の会社ばかりなので、せっかく大阪に滞在していてすることがないなら「そのコーナーに掲載する面白い会社を、自ら探してインタビューして、原稿を仕上げてこい!」ということになったのです。

そこでとりあえず、知人に「何か面白い会社ない?」というリクエストを投げてみたところ、早速その日のうちにアポが取れて取材をすることができました(取材先の皆様、突然のお願いを快く引き受けてくれてありがとうございました!)

そこで、今回と次回の記事は、その取材先の面白制度にまつわることを書きたいと思います。

★取材先その1:「iPod支給制度」 【株式会社 EC studio】

簡単に説明すると、この制度は、社内ならびに社外の商談風景などを動画に全部撮影し、iPodを全社員に支給し、通勤の行き帰りなどにその動画を見て情報共有、教育をしてしまおうという制度です(詳しくは、上記のリンク先ページをご覧ください)。

ちなみに、僕が取材している際も、きっちり動画で撮影されてしまいました・・・。
(もちろん、承諾を得た上で)

確かに、彼らのメインの業務である「SEO対策」というジャンルは、一刻一刻と状況が変わっていく世界です。情報はまさに時価。おそらく半年前のノウハウが通用しない世界といっても過言ではないと思います。そんな中で新人の教育コストもばかになりませんから、こういった日々集まってくる情報を動画で収集し、社内で簡単にかつシステマチックに情報共有するという仕組みは有効そうです。動画がいくら身近になったとはいえ、一般レベルではどのように有効活用すべきかまだまだ模索中だと思います。こういった使い方はヒントになるのではないかと思いました。

ちなみに、取材直後は、僕もこれに刺激を受けて自分の商談風景を撮影し、社内のみんなで共有しお互い切磋琢磨しようと思ったのですが、実行できていません。すみません。

とはいえ、これをきっかけに、弊社では今まで以上に積極的に動画を活用していこうということになりました。社内イントラネットには、動画コーナーができて、社内の勉強会(定期的に社内で各社員が持ち回りで講師をして行っています)やリーダーMeeting(社内会議です)の動画がそのコーナーにアップされるようになりました。

どこまで有効活用できるかはまだ微妙ですが、少なくとも新人が入社した時にこういった情報を見ることで、より会社への理解も高まり、教育的観点からもスピード感が増しそうな気がしています。

・・・とここまで書き進めて、思いついたのですが、こんな仕組みはどうでしょう。

「動画お持ち帰りプレゼントシステム」

カヤック内の会議室に常にデジカメを常設。そこで、取引先等と商談する時は、許可を得た上で撮影して、撮影した動画はカヤック内だけではなく、その商談先にも帰り際にプレゼントする。お互いその商談を振り返ることは勉強にもなるし、議事録代わりにもなるので喜ばれるプレゼントとなる。

どうでしょうか。オフレコの話もあるからありがた迷惑な話かなぁ・・・

このように、いろいろアイデアを出しながら、あーでもないこーでもないと自分達で工夫して仕事していくのがカヤックは好きですし、今回の取材先のEC studioの代表のおふたりもきっと、好きなんだろうなぁ。と思いました。

そんな取材をきかっけに、EC studioさんと共同でリリースしたサービスが下記です。

「SEOブログパーツ」

検索エンジン最適化(SEO)で実績のある EC studioとブログパーツ制作のカヤックがコラボして何か作る。となれば、SEOブログパーツしかない!

その名もずばり 「SEOブログパーツ」をリリースしました。

本当は、SEO対策好きのブロガーに喜んでもらえるように、貼るだけでSEO効果があるようなブログパーツなら最高なのですが、さすがにそんな魔法のパーツっていうのは夢物語であり、もっと堅実で実直なパーツを、ということで制作しました。

どういうパーツかと言いいますと、ブログ1ページ内のキーワード率を計算して結果を表示してあげるパーツ。

【遊び方】例えば、ブログデコは、「ブログパーツ」というキーワードに対して検索エンジンの上位に来てほしいとします。
そういう場合は、ブログデコの紹介ページの中にこのSEO「ブログパーツ」をセットします。すると、キーワード率が自動的に表示されます。あとは本文の量を調整して、このパーツのメーターが5~8%のブルーゾーンに来るようにするのです!

ちなみに、上記に表示されているものは、この連載ページ用に、「ブログパーツ・カヤック・日経パソコンオンライン」のグラフのメーターを掲載してみました。

キーワード率が見えますね!これを見ながら、本文を調整していくのです。

そのページのHTMLに対して、「ねらっているキーワード」の比率が5~8%というのが、理想だそうです。奥が深いですね。
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「せっかくお知り合いになったのですから、お近づきの印に、とりあえずお互いの強みをいかして、何か一緒に作ってみませんか?」という感覚の方に出会える縁は今後も大切にしていきたいものです。

次回はもう1社の取材先について書きます。

あ、ちなみに、「うちの会社にもこんな面白い制度あるよ!」と言う方、どうぞお声おかけください!