常駐ソフトは、通常パソコンの起動時に一緒に起動します。常に起動しているので、必要なときにすぐに使えるなどの利点があります。しかし、パソコンのメモリーを占有するので、常駐ソフトが増えるとパソコンの起動が遅くなるなど、性能を低下させる原因になることもあります。

 ソフトの常駐を解除するには、右図の手順で「システム構成ユーティリティ」を起動します。そして、「スタートアップ」タブにある常駐ソフトの一覧から、必要のないソフトのチェックを外していきます。これにより、パソコンの起動時に読み込まれる常駐ソフトを減らすことができます。

「システム構成ユーティリティ」は、Windows起動時のプログラム構成を設定するツール。スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」を選び、「名前」欄に「msconfig」と入力すると起動する。主な常駐ソフトは「スタートアップ」タブ内にある。項目のチェックを外すと、対象のプログラムはWindows起動時に読み込まれなくなる

 ただし、常駐ソフトの多くは実行ファイル名で表示されるので、対象を判別しにくいという問題があります。常駐ソフトの中にはシステムの動作にかかわるものもあり、解除してしまうと不具合が生じる恐れがあります。名前でソフトの種類が判別できない場合は、手を付けない方がよいでしょう。なお、解除して万一Windowsの動作がおかしくなった場合は、元に戻しましょう。