PR

 Excelでは1つのデータファイルに複数のシートを作成できます。「シートタブ」をマウスでクリックして切り替えながらテキパキと仕事をこなせます。しかしあまりにシートの数が増えてくると、切り替えにくくなってきます。そこでワークシート上に表示した一覧から目的のシートを選択できるようにしてみました。作成したのは全国の47都道府県がそれぞれ1枚のシートになったものです。図1は北海道のシートが選択されています。シートタブで切り替えようとすると山形県より右ではシートタブをスクロールするなどの操作が必要です。

図1 北海道のシート。見えているシートタブには限りがある。ここで「東京」の文字をクリックすると

 シートには全国を8ブロックに分けて都道府県名が表示されています。ここで「東京」をクリックすると、即座に図2のように東京のシートが選択された状態になります。

図2 東京のシートに切り替わる。都道府県名の部分に入っているのはHYPERLINK関数だけ。しかもすべてコピーだ

 マクロは使っていません。ワークシート関数だけです。若干複雑な式ですが、都道府県名の部分は同じ式をコピーするだけですし、47都道府県のシートも1枚だけ作って後はコピーです。都道府県だけに限らず、シートの数が多くて切り替えが不便だと思ったらこのテクニックを応用してください。

 都道府県名をクリックすると該当するシートに移動するためにExcelのハイパーリンクという機能を使っています。手作業でハイパーリンクを埋め込むことも可能ですが、さすがに47シート×47カ所にもなると大変なので関数を使いました。関数を使えば他の事例に応用するための柔軟性もでてきます。

[タブのひな形を作る:次のページへ]