PR

 ページから少しだけはみ出した文字を1ページ内に収めるときは、行数を増やすのが基本。でも場合によっては、ボタンひとつで文章を前のページに繰り上げることができる。次のように操作しよう。

 まず「Officeボタン」→「印刷」→「印刷プレビュー」を選択する。画面が印刷プレビューに切り替わったら、「1ページ分圧縮」ボタンをクリックしよう。これで2ページ目にはみ出していた文章は、自動的に1ページ目に収まる。

 なお、この機能は文字サイズを小さくして、1ページに入る文字数を増やすものだ。圧縮されるときに文字サイズが小さくなりすぎたり、行が詰まりすぎたりする場合もある。うまくいけば便利な機能なのだが、出来映えに納得できないこともあるだろう。実行後は「閉じる」ボタンで編集画面に戻り、文字サイズなどを確認してほしい。思い通りにならなかった場合は「元の戻す」ボタンで、1ページ分圧縮を取り消そう。

図1 「印刷プレビュー」の画面で「1ページ分圧縮」ボタンをクリックする
図2 2ページ目の文章が1ページ目に繰り上がった。「閉じる」ボタンで編集画面に戻ると、本文が10.5ポイントから9.5ポイント、タイトル文字が40ポイントから36.5ポイントなど、文字サイズが全体に小さくなっているのが確認できる