PR

 従来のOfficeでは拡張子が「doc」や「xls」など独自のファイル形式を使っていたが、新しい「2007 Office System」ではXMLをベースとした形式に切り替わった。XMLはWebページを記述するHTMLに近い汎用性の高い記述方式。拡張子も変更になった。Wordが「docx」、Excelが「xlsx」となる。

 Office 2007で従来形式のファイルを読み込むことも可能だ。その場合は、ウインドウ上部のファイル名に[互換モード]と表示される。このままでも使い続けることができるが、Word 2007で新しいdocx形式で保存しようとすると、「文書のレイアウトが変更される場合があります」という通知が現れる。一度、試しに変更をして、大きく見た目が変わってしまうようなら「互換性を保持する」にチェックを入れよう。

従来のWordのファイルを新しい「docx」形式で保存しようとすると、文書のレイアウトが変更される可能性があることを伝えるメッセージが出る
保存時に「Word 97-2003との互換性を保持する」にチェックを入れると、新しいファイル形式でも互換モードで起動する

 ただ、互換モードではOffice2007で加わった一部の新機能が使えない。例えば、Wordでは文書のデザインを変更する「テーマ」機能がオフになる。

 新規に作成した文書を従来のファイル形式で記録する際は、ウインドウ左上のOfficeボタンをクリックして「配布準備」一「互換性チェックの実行」を選ぶと、互換モードで対応できない個所があるかを確認できる。