PR

 私は金額が高くなれば高くなるほど、買い物が苦手になります。そんな私をつかまえて、「物欲大王」とレッテルを張る私の家族は大変な間違いをしているのではないか――そんな疑問が湧き出る2007年夏、やっぱり私を悩ませているのはお買い物問題です。

 悩みの種は、何といってもデジカメ一眼レフ。今でこそ撮影枚数は減ってしまいましたが、昔は夫婦そろって写真にハマっていました。昔は……というのは、デジタルカメラが登場する以前です。正確に言うならば、「カシオ計算機のQV-10登場以前」とでもしておきましょうか。

 2人してそれなりの一眼レフカメラを買い、単眼レンズも広角から標準を中心に何本かそろえたりと、けっこうハマっていました。ボーナスのたびに「今度はどのレンズを買おうか」とワクワク。同じメーカーのカメラだったので、レンズが重複しないよう相談したりして。買うに至らないまでも、かなり真剣に検討したものです。「形だけで、ウデは大したことないんじゃないの?」というご批判には、あまり反論する材料はなかったりするのですが……。とはいえ、写真を撮るのは好きなので、カメラが重いにもかかわらず、肩こり覚悟でけっこういろいろなところに持ち歩いていたものでした。

 ところが子供ができて、撮るほうはまだしも、買う方はさっぱりとなり……もちろん「買わない」ではなく「買えない」方の“さっぱり”です。デジタル一眼レフも出てるのは知ってるけど、まだまだ買い換えなくても十分使えるしなあ……と、買い物意欲はぐっと減退していたのでした。

 ところが世間の荒波には逆らえず、フィルムを使っているのはだんだん不便になってきました。フィルムの売り場が減ってきているし、ラボやDPEも何となく減ってきたような。あってもデジタルプリントのキオスク端末に押されている感じ。周囲を見回しても「フィルムで撮ってる」なんていうと、ちょっとした化石扱いを感じないでもない。

 何より、今どきのレンズやアクセサリーは、手持ちのカメラでは使えない仕様になってきています。カメラ本体も含めて、故障したときに代わりが調達できないかもという不安から逃れられません。

 デジタルの方が何かと便利なのは確かで、そのことにはずっと目をつぶってきたのですが、いよいよここらが潮時か。フィルムを選ぶ楽しみとか、フィルムを巻く音も含めて“一眼レフ”だよなとか、そういう気持ちの問題だけでは耐えられないかも……。

 決して今のカメラが壊れたわけではないので、すぐに何とかしなければならないわけではありません。「やっぱりデジカメ買った方がいいかも」と思い始めてしまったことで、自分の中で何かが決壊してしまったような気がします。

 さて、秋の声が聞こえるころ、私はデジカメ一眼レフを手にしているでしょうか。それとも、デジカメ一眼レフは液晶テレビやHDDレコーダー、スマートフォン、パソコン(やその他の音楽関連、スポーツ関連グッズ)などの「(私的)買いどき待ちリスト」の最後尾につくのでしょうか。

 って、やっぱり物欲大王じゃん……。