PR
Question水をこぼしてしまったらもう終わり?

Answer

 パソコンや周辺機器に飲み物をこぼすと、壊れてしまうことが多い。これは、水が電気を通しやすい性質を持っていることに起因する。水が基板部分に浸入してしまうと、当初に設計した以上の電流が回路に流れてしまい、ショートしてしまう。それによって、基板の一部が溶けるなどして故障する。

パソコンや周辺機器に飲み物をこぼしてしまうと、当初に設計した以上の電流が回路に流れて、ショートしてしまう

飲み物はパソコンの天敵

 ショートだけの問題ではない。水は放っておくと腐食を誘発する。金属部が水によってさびてしまうわけだ。いずれにせよ、飲み物はパソコンや周辺機器の天敵だと覚えておこう。

 パソコンや周辺機器に水をこぼしてしまっても、確実ではないが助かる方法がある。電源をすぐに切ることだ。バッテリー類もはずした方がよい。それから高温多湿な場所を避け、徹底的に乾かす。これで、故障を防げることがある。

 ただ、気を付けていてもハプニングは突然起こるもの。意図せず、飲み物をこぼしてしまうことだってある。特に、キーボード部分に飲み物をこぼしてしまう失敗はよく起こる。デスクトップの場合はキーボードだけ取り替えられるが、ノートパソコンのキーボードに水をこぼすと致命的な故障につながりやすい。

 水によるトラブルを避けるには、市販されているキーボードカバーが有効だ。備えあれば憂いなし。飲み物を手にしてノートパソコンを操作する機会が多いなら、面倒でもキーボードカバーを付けておくことをお勧めする。

 デスクトップパソコンやプリンターの設置場所にも一定の配慮が必要だ。空調設備などの下に置いて、落ちてくる水滴が原因で故障したというケースも報告されている。

[防水対策を施した製品もある:次ページへ]