PR

 自動車のIT武装化が、とどまるところを知らない。GPS(全地球測位システム)によるカーナビゲーションシステム(以下、カーナビ)やETC(自動料金収受システム)は、もはや珍しくない存在。カーナビが、道路交通情報通信システムセンターがFM波などを通じて提供する「VICS」で渋滞情報を受信するのも、ご存じの通りだ。加えて、自動車メーカーが現在強化に励んでいるのが、携帯電話を活用した新しいサービスである。

ケータイ活用に各社が注力

 ネットサービスを使うための準備は、車内に用意されたコネクターにドライバーが自分の携帯電話をつなぐことだけ。これで、自動車がネット経由で常時センターに接続され、ドライバーにとって運転中に役立つ情報がカーナビの画面に提供されるようになる。例えば、従来より精度が高い渋滞情報を受け取ったり、走行している付近や目的地にある観光施設やレストランの詳細な情報を調べられる(下図)。前者は、VICSで対象となる道路や範囲が限られているため、その弱点を補完してくれてありがたい。

【最新型の自動車には運転中のドライバーを手助けしてくれるIT技術が満載】
拡大表示

 普段パソコンを使うユーザーにとってうれしい機能もある。自宅から専用のWebサイトにアクセスして事前にルートやスポット情報を調べると、検索結果を車内から呼び出せる。カーナビの目的地としてセットもできる。

【事故を減らす次世代技術の開発も】
拡大表示

 こうした至れり尽くせりの機能は特別なものではなく、大手メーカーの新型車を買えば大抵標準で付いてくるのだから驚きだ。携帯電話会社からは定額制のパケット通信サービスも登場しているため導入しやすい。インテリジェンスを持ち始めた現代の自動車。しかしその姿は過渡期のものであり、まだまだ強化が図られる。メーカー独自の開発に加えて、官民が一体になりITで事故を減らすインフラ作りも進む(右写真)。

 今回本誌は、トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業の最新車種を実際に運転し、ネットサービスを体験した。共通する機能は多いが、思想の違いから実はサービスの中身は似て非なるものだというのが実感である。以下、メーカーごとの特色を見ていこう。