PR

 ウイルスがビジネスになっている現在、ウイルス作者はさまざまな工夫を凝らしている(下図)。ユーザーに気付かれずに感染パソコンを増やすためだ。

ウイルス作者の基本戦略は3つ。(1)ユーザーをだまして、ウイルスを問題のないファイル(プログラム)に見せかけて実行させる、(2)ユーザーが実行しなくてもウイルスが動き出せるように、ソフトウエアのぜい弱性を悪用する、(3)ウイルス対策ソフトに検出されないようにする

 手口は大きく分けて3種類。(1)ウイルスを安全なファイルに見せかける(2)パソコンにインストールされているソフトウエアのぜい弱性を悪用する(3)対策ソフトを使っていても感染するような仕掛けを施す。

 最近のウイルスの中には、これらの手口をすべて備えているものもある。注意深くても、ウイルスを直接実行しなくても、対策ソフトを使っていても感染する恐れがあるのだ。

 以下、それぞれの手口を具体的に見ていこう。

[ウイルスの偽装の手口とは:次ページへ]