PR

 「Office XP」「同2003」をパソコンにインストールすると、日本語入力ソフト「Microsoft IME」(以下MS-IME)が同時にインストールされ、「IMEスタンダード」と「ナチュラルインプット」という2種類の入力方式が選べるようになります(下図)。IMEスタンダードはMS-IMEの通常の入力方式、ナチュラルインプットはMS-IME 2002以降に導入された入力方式です。IMEスタンダードを選ぶと言語バーのアイコンは赤色で、ナチュラルインプットを選ぶと青色で表示されます。

コントロールパネル→「地域と言語のオプション」で「Microsoft IME Standard」と「Microsoft Natural Input」を切り替えられる。言語バーでも切り替えが可能。ナチュラルインプットにするとMS-IMEのアイコンが青になる

 ナチュラルインプットは、現状、Wordでのみ利用できる入力方式です。日本語を入力、変換しやすくするために開発されました。

 例えば、人名や地名を入力した場合、IMEスタンダードでは想定される変換候補すべてを並列に表示します(下図左)。一方、ナチュラルインプットでは候補一覧に「(人名地名)」というカテゴリーを表示します(同右)。そのカテゴリーを選ぶと、カテゴリー内の変換候補を表示します。「しぶや」という語の場合、「渋谷」「渋野」「渋屋」「志部野」などが候補に挙がります。このほか、全角で郵便番号を入力すると、該当する住所に変換する機能もあります。

左が通常のMS-IMEの変換候補表示、右がナチュラルインプットでの変換候補表示。ナチュラルインプットでは、「(人名地名)」「(漢単語)」など変換候補をカテゴリー別に表示する

 文字の変換操作も違います。IMEスタンダードでは、文章を入力して変換キーを押すと、その後は文節単位でしかカーソルを動かせません。それに対してナチュラルインプットでは、変換キーを押した後でもカーソルを1文字単位で動かせます。

 ただ、ナチュラルインプットはキーボード操作が通常のMS-IMEと違うため、MS-IMEに慣れていると混乱することもあります。一度確定した語を再変換する場合、通常はその個所にカーソルを移動して変換キーを押しますが、ナチュラルインプットでは無変換キーを押す、などです。

 そこで、Windows Vistaではナチュラルインプットを通常のMS-IMEに統合しました。Wordで変換する際、変換候補をカテゴリーごとに表示したり、郵便番号を住所に変換したりする機能は取り入れながら、キーボード操作は通常のMS-IMEと同じにしています。