PR

 マイクロソフト社は、来年6月までXPを売り続けると発表した。当初の計画では2008年1月30日以降はVistaだけを売るはずだった。

 この理由は簡単に分かるはずだ。Vistaは一部の人にとっては本当に良い。Vistaが良好に動くときは喜びを感じる。私はRoxanne(これを書いているマシン)でVistaを使っているが、こいつが適切に動くときはとても好きだ。

 もちろん問題はある。ネットワーキングは難しい。機能するときのセキュリティは立派だが、何かしようとすると停止を余儀なくされることが多い。Stardock社のアニメーションによるデスクトップは、動いたときは美しい。しかし定期的に、動くデスクトップは消え、再インストールしなければならなくなる。だから私はそれに見切りをつけた。別の言い方をすると、一部の人々にとっては、Vistaは大切なことに使うものではない。

[私の場合、Wordの画像挿入でトラブルが:次ページへ]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い