PR

福岡に来た人からよく聞かれるのは、「どこの明太子がおススメですか?」だ。
困るのよね、この質問。好みですからねぇ~。ちょっと前なら「吉兆のめんたい」と答えていたの。辛くなくて食べやすかったの。それに福岡の吉兆でしか入手できなかったから特別感があった。

しかし、この偽装騒ぎ。老舗と思って信じていたのに、だまされたよ。悲しいねぇ。
松本幸四郎さんなども、週刊誌のお気に入り特集で、この船場吉兆のめんたいを紹介していたことがあるのよ。もう二度と買わないわさ。裏切られたよねぇ。

さらに、パートさんたちの証言を全否定って、どういう了見かしら。
(船場吉兆は、デパ地下の店で、売れ残り商品の消費期限のシールを張り替えていたの。それは現場のパートが勝手にやった、と湯木取締役が断言。それを聞いて、パート&アルバイトたちが、「あんたの指示じゃないか」と大反論。それでもまだ否定しているのよっ。)

その後、船場吉兆本店も捜査が入り、ブロイラーを地鶏、佐賀牛・鹿児島牛を但馬牛と表記して販売していた偽装などが判明。
「納入業者からだまされた」と吉兆本店担当者は証言しているが。
その業者は、ブロイラー専門店で、地鶏を納入できるはずがないんだってさ~。
偽装但馬牛にいたっては、「同じ品質のものを努力した結果、違う産地のものを・・・」だって。じゃぁ佐賀牛でも鹿児島牛でも、その通りに表記すればいいじゃんかっ。
この期に及んでも言い訳。まったく佐賀や鹿児島に失礼だわさ。

福岡だけかと思っていたら、本店までも、責任転嫁体質かよ・・・。
同族だから似てくるのかねぇ。

赤福のように潔く認めて、出直します、というのなら、まだ応援する気も起こるが、船場吉兆は、こうなるともう体質的に信用できないわね。

■怒ると、何か食べたくなる。
ロイズのチョコポテトチップを危険と知りながら一箱開けた。

むしゃくしゃ、むしゃむしゃ。