PR

 メールソフトの受信トレイには、日々いろいろなメールが飛び込んでくる。後々まで残しておきたい重要なメールもあれば、一度読めば不要になるメールもある。迷惑メールのように、受信トレイの中に入ってほしくないメールだってある。

 放っておくと、これらのメールはたまり続ける一方だ。整理が追いつかず、重要なメールを埋もれさせてしまったり、必要なメールがなかなか探し出せなかったりした経験のある人も少なくないだろう。

 アンケートの結果からも、パソコンユーザーが毎日多くのメールを受け取っている実態が浮かび上がってきた。下のグラフは、本誌がインターネットを通じて実施したアンケートの結果だ。553人のパソコンユーザーから回答を得た。

 受信メールの数については、プライベートよりも仕事で受け取るメールが多いことが分かる。プライベートでは半数以上の人が1日当たり10通以下だったが、仕事では11~30通と答えた人が最も多かった。31通以上受け取っている人も、30%近くに上る。

 これら以上に数が多かったのが迷惑メール。仕事、プライベートを合わせた迷惑メールの数は、平均で1日当たり約40通にも達した。

 これらを合計すると、パソコンユーザーが1日に受け取るメールの合計は約84通。1週間で400通超、1年では2万通以上になる計算だ。