PR

 エクセルを起動するには、「スタート」メニューから「すべてのプログラム」→「Microsoft Excel」とたどる。開くファイルが決まっている場合は、ファイルのアイコンをダブルクリックしてもよい。

 では、続けて2つ目のファイルを開くときはどうするか。すでに起動しているエクセルで「ファイル」メニューの「開く」を選ぶのが一般的だ。もしくは、「マイコンピュータ」からフォルダを開き、保存されたファイルのアイコンをダブルクリックするだろう。

 これらの手順で2つ目のファイルを開くと、そのファイルはすでに起動しているエクセルのウインドウに表示される。と同時に、先に開いていた1つ目のファイルは背後に隠れて見えなくなってしまう。2つのファイルを並べて見たければ、「ウィンドウ」メニューの「整列」から「左右に並べて表示」などを指定する。

 こんなとき、「1つのウインドウに複数のファイルを並べるのではなく、ファイルごとに別々のウインドウが開くほうが作業しやすい」と思うことはないだろうか。現に「ワード」の場合は、ファイルごと別々のウインドウが開く。実は、これを実現する簡単な“裏ワザ”がエクセルにもある。