PR

 お正月のお休み、いかがお過ごしでしたでしょうか? 私はといえば、iPod touchのアプリ作成練習、吹っ飛んだiTunesライブラリの修復、年賀状メールの一斉配信プログラム作り、90歳になろうとする老母とのお付き合い、読み残した積ん読書の消化、そして、家族での小旅行、旅行から帰ってきたら、GPSデータと組み合わせて、その写真整理と、まあ、忙しいのなんの。

読めるはずのGPSデータが読めない

 そして、今年最初のつまずきが、利用していたサイトでGPSデータの吸い上げができなくなってしまったことだ。私はサイクリングやウオーキング、ドライブ旅行などのGPSデータをMotionBasedというサイトにアップロードし、消費カロリーの計算、旅行行程のマップ表示などをしては楽しんできた。一旦アップロードしたGPSのトラックデータはGoogle Mapなどで扱えるKMLフォーマットのデータに変換してくれるので、それをGoogleマップに読み込ませ、地図上に行程中撮影した写真を配置するなどして、人に自慢しまくっていたのだ。

 ところが、MotionBasedでGPSデータをアップロードしようとしても、進行を示すプログレスバーが回り続けるばかりで、一向に作業が完了しない。数時間ほうっておいて出てきたエラーメッセージは「データが大きすぎる」。これまで、どんなにため込んでいても、こんなことはなかったのに、サイトの仕様が変わったのかもしれない。あるいはSafariが3.0xになり、OSがLeopardになり、MotionBasedでアップロードするためのMB AgentというプラグインソフトがVersion 2.3になり、しかも、Forerunner 305(写真1)のファームウエアが2.40から2.80にアップデートされているといった実に複雑多重な状況の変化が災いしているようだ。

写真1 腕時計型のGPSユニット、GarminのForerunner 305

[そこで別の方法を:次ページへ]