PR

 「ワンクリック詐欺」「迷惑メール」「スパイウエア」など、ネットの危険は、被害に遭ってからでは手遅れ。四つの掟を守って、こうした脅威からパソコンを守りましょう!

やってはいけない 注意しましょう 改善の余地あり


掟1 どんなに小額でも、ネットの不当な請求に従っては絶対にダメ

 たまたま見たホームページや、知らない人から来たメールに書かれていたリンクをクリックしたら、突然「入会ありがとうございます。ご利用料金●●円」などと表示される(図1)――これが典型的な「ワンクリック詐欺」の手口です。

 ほとんどのケースで、画面に個人を特定するような情報が表示され「ドキッ」とします。でも、ここに表示される情報だけでは個人を特定できません(そもそも、確認画面もなく入会したとする契約は、法律上も認められません。より具体的な対処の方法は警察庁ホームページで)。絶対に無視しましょう。

 「少額だから」と支払ったり、連絡をとると、代金回収業者と称する別の会社から延滞料を求められることもあります。

警察でも詳しい情報や対処法を公開
警察庁「インターネットトラブル」


[ウィンドウズ・アップデート、セキュリティソフトは必須:次ページへ]