PR

 「初音ミク」「鏡音リン・レン」といった「VOCALOID2 キャラクター・ボーカル・シリーズ」を使い、パソコンに歌わせる本連載。第3回では「VOCALOID Editor」にメロディを入力する方法を紹介していこう。

 メロディを入力するときお手本となるのは、五線譜に音符が記入されている、いわゆる譜面だ。譜面は楽器店や書店の店頭で、特定のテーマやアーティストで何曲かをまとめた本の形で、スコア集というものが販売されている。パソコンに歌わせたい曲が決まっているなら、お目当ての曲が収録されたスコア集を探してみよう。

 なおVOCALOID Editorで作成した曲を自分ひとりで楽しむならばどんな曲を選んでも問題はないものの、完成した曲を自分のWebページやブログ、また動画投稿サイトなどで公開する場合は、著作権の侵害に注意が必要。作詞・作曲とも著作権によって保護されているため、権利保持者に無許可で公開すると、著作権の侵害となってしまう。今回は童謡「雪」を題材として使用する(図1)。

拡大表示
図1 題材として使用する譜面、この音符をVOCALOID Editorに入力してメロディを作る(こちらに譜面のPDFファイルもあります)

[では実際に入力していこう:次ページへ]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い