PR

 大手メーカー製パソコンでは、工場出荷時点で多くのソフトがインストールされていて、Vistaの起動時に自動起動してタスクトレイに常駐するものもある。中にはウイルス対策ソフトなど必要不可欠なソフトもあるが、不要なソフトも少なくない。こうした常駐ソフトが多くなるとVistaの起動が遅くなったり、動作が重くなる原因にもなる。

 スタートメニューの「スタートアップ」に登録されている常駐ソフトは簡単に自動起動をオフにできる。自動起動が不要なソフトは自動起動しないようにしてみよう。

図1 大手メーカー製パソコンでは、多くのソフトがインストールされていて、タスクバーを埋め尽くしていることがある。起動や動作を重くする原因にもなる

図2 スタートメニューの「スタートアップ」を開き、削除したいソフトを右クリックして「削除」を選ぶ。ここに登録されているのはショートカットなので、ソフト本体は削除されない