PR

 海や山など、旅行に行くのに今やデジカメは必須の品となった。しかし、撮るだけ撮りためて、あまり整理しない人も多いだろう。それが、GPSを活用すれば、これまでとは全然違った、ユニークで楽しい写真整理が可能になる。

 ここでは、ソニーのGPSユニット「GPS-CS1K」を使い、デジカメで撮影した写真に位置情報を追記して整理する方法を紹介しよう。世界遺産に指定されている和歌山県の熊野古道を実際に歩き、同製品を試用してみた。

電源入れてぶら下げるだけ

 GPSユニットGPS-CS1Kの使い方は簡単(下図)。単三電池を1本入れて電源を入れ、内蔵アンテナで確実に測位できるよう、付属の金具でリュックサックなどにぶら下げておくだけだ。デジカメの時刻は事前に合わせておく。GPSユニットで収集したデータとデジカメの写真とを後で照合するためだ。後は普段通り、デジカメで写真を撮ればよい。GPSユニットとほかの機器を接続しておく必要もない。デジカメはソニー製品でなくても、画像データの記録形式の標準規格である「Exif 2.1」以上に準拠していればよい。ここ2~3年のデジカメならまず問題ない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料