PR

・実勢価格 オープン(実勢価格は約20万円)
・発売日 3月初旬
・連絡先 TEL 0120-977121
http://121ware.com/

 NECの「LaVie J」シリーズは、同社の定番と言える携帯ノートだ。2007年の夏モデル以来、新製品は途絶えていたが、今回ようやくデザインを一新した新製品3モデルが登場した。今回はその最廉価モデルLJ700/LHを取り上げる。なお、上位モデルにはOfficeソフトが付属するLJ730/LGと、IEEE802.11nやワイヤレスUSBといった最新の無線機能を備えるLJ750/LHがある。

スッキリボディーに変身

 新製品の変更点で最も目を引くのがデザイン。従来はシルバーで天板に凹凸のある特徴的なデザインだったが、今回は本体色を黒に変更、天板はフラットにし、表面に光沢処理を施した。開閉用のラッチも不要にしており、見た目が美しく、かばんにも入れやすいスッキリしたデザインになった。

 液晶は、従来の1024×768ドットの12.1型から、1280×800ドットの12.1型「横長」となった。横長はWindows Vistaのサイドバーを使ったり、2画面を並べて表示したりする際に便利だ。

 CPUはCore 2 Duo U7600(1.2GHz)を採用。パソコンの性能を測定するベンチマークソフト「PC Mark05」で、従来モデルのLJ750/JHと比較したところ、性能は2割近く上回った(LJ750/JHが2218点、LJ700/LHが2631点)。ただし、カタログ上のバッテリー駆動時間は、LJ750/JHの6.3時間に比べてLJ700/LHでは5.7時間と短い。

[端子類は…:次ページへ]