PR

外出先でインターネット接続するための回線は大きく分けて2つ。携帯電話網と公衆無線LANだ。前者は携帯電話をモデム代わりに使うもの、後者は自宅と同じ電話回線と考えればよい。携帯電話網はさらに第3世代携帯(3G)とPHSに分類されるが、いずれも利用形態としては「通話機のみ」もしくは「スマートフォンのみ」でネットを利用するか、「パソコンで利用」の3つがある。スマートフォンはいわばWindowsを搭載した携帯電話機。ややこしいのはパソコンを使う場合で、データ通信カードや内蔵通信モジュールのほかに、通話機をUSBでパソコンに接続する方法もある。ただし3Gの場合、定額制が適用されるのはカードとモジュールだけで、通話機は従量制のみ。一方、PHSはどの端末を利用しても基本的に定額制。結論から言うと、3Gのパソコン向け定額データ通信カード、もしくはスマートフォンがお薦めの選択となる。通信速度は最大値。定額プランの設定があるものは従量プランが選べる場合でも定額と記載した