PR

 毎年、2月ごろになるとちょっとわくわくしながらチェックするサイトがある。国税庁の電子申告コーナー。いや、別に税金を払うのにわくわくしているわけではなく、今年はそろそろMacでも電子申告ができるようになったのでは、と期待に胸膨らませて覗いてみるのだ。今年は国税電子申告・納税システム(e-Tax)が素晴らしい完成度になっていると聞いた。これを使って電子送信すれば5000円増しの控除も受けられる。混雑する遠くの税務署に出向くのはまっぴらだから、ぜひやらなければ、と勇んでサイトにアクセスした。

申告書作成は何とかできそうだが


 手元には、ICチップ付きの住民基本台帳カード、USB接続のICカードリーダーもあり、準備はオッケーのはず。あとはe-Taxが我がLeopard(Mac OS X 10.5)搭載のMacBook Proに対応するソフトを用意しておいてくれれば、電車を乗り継いで往復1時間の時間も節約できる。

 というわけで、早速国税庁e-Taxのページにアクセスした。(写真1)

写真1 e-Taxの案内サイト。Macでもかなりのことができそうだ。でも、最新版のLeopardには対応していない.....

 おお、Macの文字もあるぞ!! でも、あれ? OSのバージョンは10.4 Tigerとある。私のマシンは既にLeopardに完全移行してしまったから、う~~ん、危なそうだなあ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料