PR

 アイデアを書き留めたり、図解をするときに、細いペンで書く人を見ると、ちょっと心配になります。細いペンを使うと、そのペンの細さが思考に影響し、のびのびとした発想が出てこないような気がするからです。加えて、細い線は相手にも見づらく、お互いに窮屈な思いをしそうです。ですから、こうしたシーンでは太目のペンを使うべきだと私は思うわけです。

 同じように、小さな枠にメモするのに太いペンを使っていると、大丈夫かな?と思います。枠からはみ出してしまうかはらはらするからです。こういうときにはやはり細いペンを使うべきでしょう。

 ペンの太さだけではありません。色にも気を使いたい。お薦めはブルーブラック。万年筆を使う人なら、なじみの深い色かもしれません。普通の青よりも落ち着きのあるいい色です。黒を使っていると白い紙とのコントラストが強く出すぎて、どうしても高圧的な印象になります。これが意外とアイデアを出すのに障害となったりする。もっと気楽に、さらっと書き付けるためには、コントラストの弱いブルーブラックがいいのです。

 アイデアを書き留めるにあたり、太さと色の条件を満たしていて、最近気に入っているのがゼブラのボールペン「サラサ」のブルーブラックインク1.0mm。その名前の通り、さらさら書ける感触が非常に心地よい。思考のスピードと腕の動きが連動し、アイデアがどんどんとでてくる感じです。もしこれが油性の細いボールペンだったら……。それほど気持ちよくはいかないはずです。

 もちろん細いペンが必要なときもあります。例えば、あがってきた本のゲラに校正をする作業においては、細いペンが必須です。修正部分を読む人に分かりやすく丁寧に書くためです。ハックシリーズの本では、いつも三菱鉛筆のボールペン「uniball」の「ノック式スタンダードタイプ」を使っています。赤の0.5mmです。このペンを使うと、その細いペン先から自然と字が丁寧になり、細かな校正指示を書き入れることができます。仕事でも同様で、チェックをする際には、このペンを使うようにしています。

 さらに、ペンの太さは、書き付けるノートの大きさとも関連します。前に紹介したことがあるモレスキンにメモするようなときには、0.38mmのペンで書き込みます。そうすると、さらに丁寧な字になるのが分かります。基本的に、丁寧に書こうとするのなら、ペン先も細いものを選んだ方がよいです。

 こうして、僕のペンケースにはいつも、1.0mm、0.5mm、0.38mmの3種類のペンがスタンバイしているのです。

ペンケースに必ず入れているペン。太さによって自分のモードを変えています。)