PR

と、その前に。イー・モバイルに、掲載ページの報告をしていたら、
「人間味あふれる暖かい記事で、楽しく拝読・・・」とのお返事をいただいたよ。
これからも、右往左往してここで報告いたしますね~。

でもって、イー・モバイルから訂正のお願いがきました。
ワハハ、トコが勝手に「大体こんなよね~~~」と書いていたのだが、
「正確には、異なるので」とのこと。

人間味と、情報の精度は、両立がなかなか難しいワン。
まあ、そんなときのために、オ~ヂが担当でついてくれているわけで。

多分、文末に修正をしてくれることだ、と思います。ねっ、ねっ!!
お願いしまぁす。
(※一部、補足説明と訂正をいたしました!)

■さあて。今日の本題だ。
ご存知、持ち帰り弁当の《ほっかほっか亭》だ。「ほか弁」と愛着をこめて呼ぶ。独身の時にお世話になったよね。あっ、もちろん今も買うよ~。けっこう、から揚げ弁当とか、好き。東京ではあまり見かけないが、ほっかほっか亭は、福岡ではコンビニと同じくらいの頻度で店舗が存在するの。

《ほっかほっか亭》はフランチャイズだが、大きく分けて、2つに分かれている。
■東日本・九州・山口での「プレナス」と、それ以外の「ハースクレイ」である。

■エリアフランチャイズにより地域ごとに運営会社が異なる為、メニューなども地域ごとに違うのよ。から揚げ弁当も価格はもちろん、から揚げの個数が違うし、ついている調味料(例・塩レモン味VS醤油たれ)も違う。

ところが、ハークスレイ側が総本部の株式の半分以上を取得。傘下に収めたことをきっかけに、総本部とプレナスの関係が悪化していたが。

■このたび、プレナスがフランチャイズ契約を解除する事態となり、ほっかほっか亭から独立することになったのよ。

最近、黄色と赤から、シックな感じのこんな店舗に変わりつつある。

ご存知、のり弁。なぜこんなに安いのか、不思議である。
福岡では、290円!!

時々食べたくなるのよ。チープなちくわの天ぷらとか、ノリの下に敷いてある
かつお昆布佃煮などが、絶妙のバランス。ちょっと添えてあるキンピラもうれしい。

■思わず「のり弁」を熱く語ってしまったわ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料