PR

 いい世の中になったものだ。昔は図書館で百科事典やさまざまな本をひっくり返しても調べられなかった情報が、ネット検索でカンタンに調べられる。小さいころ全何十巻かの百科事典が欲しくてたまらなかったが、ついに買ってもらえずじまいだった。今ならパソコンとネット環境さえあれば、分からない用語や人名、地理などの情報は、たいてい調べられてしまう。

 ただし、これだけネットが盛んで、情報があふれていても、本当の意味で知りたいことが得られるかというと、一概にそうともいえない。それでもさんざん検索した挙句「ああ、ここにあった、同じようなことを知りたい人がここにいた!」と感動してクリックすると、それは自分のブログだったりして、マジでがっくりくることも、多かったりして(笑)。

 で、このところ何を調べてたかというと、アタマ(つまり髪ね)の洗い方だ。ダンナが、私のアタマは洗いたてからアブラくさい、と、花も恥じらう乙女(?)に対してスーパーシツレイな発言をしたことがきっかけだ。声を大にして言うが、私はいい加減に髪を洗ってはいない。2度洗いや3度洗いは当たり前、地肌をよくマッサージして、けっこう丁寧に洗っているほうだと思うのだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い