PR

 前編で紹介したように、経路検索サービスにはそれぞれ違いがある。それでは、どのサービスを選べばよいだろう。

 大手各社は、機能を限定した無料のWebサイトと、付加機能を充実させた有料サービスの両方を用意している。例えばNAVITIMEの無料サイトでは、鉄道とクルマの経路をそれぞれ調べることはできるが、両対応型の検索は有料サービスでのみ提供している。

 もちろん、利用者としては必要な機能が無料で使えるならば、それに越したことはない。一方で経路検索の分野は今でも進化が早く、利用者のニーズを先取りするような画期的な機能も少なくない。外回りや出張の多いビジネスパーソンなどは、有料サービスを使いこなすことで移動の効率が飛躍的に良くなることも期待できる。