PR

 さて今回は、前回のお約束通り、SyncToyについて解説しましょう。最初は、ダウンロードしてインストールです。前回、解説したようにSyncToyには、Ver.1.4とVer.2.0βの2種類があります。Ver.2.0βはVer.1.4よりも機能が多少、強化されており同期するファイルの拡張子(および同期しないファイルの拡張子)などを指定することができるようになりました。

 このほかに大きな違いとしては、同期モデルがあります。これについては後述します。動作環境でも、Ver.1.4は、.NET Framework 1.0で動作するのに対してVer.2.0βは、.NET Framework 2.0/3.0が必要となります。Ver.2.0βのインストーラは、必要なモジュールを自動的にインストールしてくれますが、Ver.1.4の場合、先にユーザーが手作業で.NET Frameworkをインストールしなければなりません。

 こうしたことから、作業が簡単で、機能が高いVer.2.0βのほうが良さそうなのですが、現状ではまだβ版です。筆者が使った範囲では問題は起きていませんが、心配ならば、Ver.1.4を使うことをお勧めします。

 ダウンロードするには、米国のマイクロソフトのサイトにアクセスし「Downloads Center」からSyncToyで検索を行って探します。インストール自体は、特に問題はありません。Ver.2.0βでは、高速化のため、データベースエンジンである「SQL Server Compact Edition」を使います。そのため、そのインストールも同時に行われます。

 インストールが終われば、スタートメニューに「SyncToys」または「SyncToys 2.0」という項目が追加されるはずです。なお、SyncToys Ver.1.4と2.0βは、1台のマシンに同時にインストールすることはできません。

 さて、設定方法ですが、まず同期するフォルダーと2台のマシンの関係をはっきりさておきましょう。まず、デスクトップマシン(コンピュータ名をDesktopとします)とノートパソコン(コンピュータ名はNote)があり、2台は、LANで接続しておきます。

 デスクトップマシン上のフォルダー“C:\TEST”は、共有設定されており、ノートPC側からは、「\\Desktop\TEST」というパスで見えているとします。このフォルダーをノートパソコン側に新規に作った「C:\TEMP\TEST」と同期することにしましょう。この場合、SyncToyは、ノートパソコン側にインストールします。こうすると、作業はすべてノートパソコン側だけで行えるようになります。

図1 起動したらCreate New Folder Pairボタンを押す

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料