PR

必要な情報を効率良く集めるための極意

自分だけの「情報収集基地」を作る

 いまやインターネットは我々の仕事や生活に欠かせないものになっている。ネットからあふれ出てくるデータは膨大だ。それだけに、自分にとって有益な記事に出会うこともあれば、取るに足らない噂話も流れている。情報収集の達人を目指すための極意は、いかに重要な情報を効率良く集めるかに尽きる。あるオフィスの先輩と後輩の会話から、その勘所を探ってみよう。

先輩 さあ明日は、我が社の新製品を九州の大切な顧客にプレゼンテーションする日だ。出張を前に、先ほど部長にも激励をいただき、猛烈にファイトが沸いてきたところだよ。M君、準備は万端だろうね。

M君 もちろんです。この通り、飛行機のチケットも確保しました。

先輩 明日の天気は問題ないだろうね。この季節だけに、雪でも降って飛行機が遅れるなどという事態になったら目も当てられない。

M君 天気ですか。今、Yahoo!を開いて、天気予報を見てみます……明日は晴れのようですね。

先輩 空港から先方までは電車で移動するが、乗り換えの駅や時刻についてもよく調べておくことだ。

M君 ネットの経路検索サービスで調べましょう。ええと、乗り換え案内へのリンクは「お気に入り」に入れておいたはずだな……アレっ見つからない。仕方がないからGoogleで乗り換えサービスを検索だ。

先輩 天気や時刻を調べるのに、手間がかかりすぎじゃないの。しかもWebブラウザーのお気に入りは、整理されていない。垂れ幕のように長く伸びているではないか。

M君 ご指摘には、恐縮するばかりです。今度整理をしておきます。

先輩 M君の性格からすると、一時的に整理しても、しばらくすれば、またゴチャゴチャになるだけだろう。根本的な解決のために「マイポータル」を使ってはどうかな。

M君 マイポータルとは何ですか。

先輩 天気、ニュース、経路検索などの情報ツールをWebページ上に自由に配置できるサービスのことだ。これをWebブラウザー起動時のホームページに指定しておけば、即座にさまざまな情報やサービスにアクセスできる。お気に入りからリンクを探し、見つからなければ検索サービスを使うという余計な時間を節約できるのだ。好みのニュースサイトやブログの新着記事も表示できるから、最新情報も見逃さない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料