PR

 “ジブログ”――。何か新しいサービスの名前? と思った方、ごめんなさい。私が勝手に作った造語です。「自分ブログ」、略してジブログ。

 最近、私は誰にも見せることのないブログを始めました。公開を前提としたブログを、非公開で行うという奇妙なことをやっているわけです。

 きっかけはソネットエンタテインメントの取材です。「So-net Blog」の取材をした際に、ブログ自体をIDとパスワードで管理できることを知りました。つまり、そのIDとパスワードを知っている人しか見られないブログを作成できるというわけです。「誰にもIDとパスワードを教えなければ、自分だけの日記風にも使えちゃうんです」と担当者に教えてもらいました。

 ブログにはあまり興味もなく、取材の一環として一度やったことはありますが、個人的には手を付けていませんでした。一方、SNSは頻繁とはいえないまでも、それなりにアクティブに活用しています。ただ、最近思うのは、自分で考えていること、自分が勝手に嬉しかったこと、自分が人知れず悲しかったこと、そんなことを吐露する場所がないなあ、と。SNSで書いてもいいのですが、とってもくだらなかったり、とっても暗い話だったりすることもあるので、なかなか書きづらいのです。仕事を始めるようになり、それなりに色々なことを考えるようになり、そういうことを吐露できるよう、紙のノートに日記を付けたこともあったのですが、1年と持ちませんでした。

 で、そこにジブログ。ノートに書く日記と変わらないじゃないか、と言う前にお聞き下さい。日記と違うメリットがいくつかあるのです。

 まず、日記が続けられる、というメリット。これは日記が日記たるゆえんですから、非常に重要です。私が日記を続けられなかったのは、家に帰ってから「日記」というノートを開くことを忘れていたからです。日記は日記だけのためのノートを使っていたので、「日記を書こう」と思い付くまではそのノートを手にしないのです。日記を思い出しても、ペンを持ってつらつら書くことが、特にお酒を飲んで帰って来た日などは面倒くさくなり、書かなかったりといったことも。その点、ブログはどうでしょう。私は少なくとも自宅で必ずパソコンには触ります。飲んで帰ってもパソコンは触ります。いつどこにいても気が付いたときにさささっと書き留めておけるのです。軽いことであればものの1分です。

 では、毎日触るようなもの、例えば手帳などに日記を書いてみてはどうか、そう思ったこともありました。でも、駄目。私が持っている手帳は小さいし、そんなスペースはない。しかも、手帳は人前で開くことも多いもの。そこに日記が書いてあるのは、少し恥ずかしい気もしました。その点、ブログは字数は無制限ですし、ログも残る。手帳のように毎年リフィルが変わったりしません。

 さらに、紙の日記より、写真や動画を簡単に付けられるのも魅力の1つです。「●●ちゃんと飲んだ」「近所に咲いてたお花が綺麗だった」「●●ちゃんから面白い動画を教えてもらった」などSNSに書くまでもなく、ただ、日々の記録として簡単にぺたぺた貼っていけるのが魅力です。

 自宅のパソコンに保存して書くという手もありますが、やはりブログの方が便利です。自宅のパソコンに保存する方法だと、実家が北海道の私は帰省したときにも書けなくなりますし、旅行に行くようなときも書けなくなります。自宅以外の場所でも書けるというのもブログのメリットなのです。さらに言えば、携帯電話からだってブログを投稿できますから、出先でちょっと思いついたとき、暇なときに「さささっ」と書けてしまうのです。

 この結果、私は毎日、いや、1日に2回ほどジブログを書くこともあります。日記を書こうとして続けられなかった人、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。