PR

 日本で一時期問題になった「ワン切リ」が韓国で今、大問題となっている。

 知らない方はいないと思うが、ワン切りとは、一度だけ電話をかけておいて着信履歴を残し、その電話番号に電話をかけ直させてアダルト番組などを流すというもの。韓国ではワン切りを「ワンリングスパム」という。

 韓国の携帯電話の場合、以前は発信者番号通知(CID)が有料で提供されていたので、営業マンや芸能関係者など一部の人しかCIDを利用する人がいなかった。当然、悪者がどんなにワン切りの電話をかけたとしても、電話をかけ直してくれない状態なので悪者にしたらワンギリは無意味だった。しかし、新規料金制度の導入後からCIDを無料で利用できるようになったことを皮切りに、着信履歴の残る携帯電話を使うユーザーが増え、それに伴って、ここ2年の間にワン切りが物凄いスピードで増加している。

 韓国スパム対応センターによると、2007年は携帯電話加入者の約7割がワン切りを悪用したスパム電話を経験しているという。しかも最近のワン切りは、固定電話の番号からではなく携帯電話番号からかけてくるので、騙される人がまた増え始めている。固定電話だとさすがに知人の電話番号かどうかを判別できるのだが、初めて見る履歴に残っている電話番号が携帯電話のものだと、つい「友達かな?新しい携帯電話を買ったのかな?」と思って、うきうきした気分でかけ直してみてしまうというような人間の心理を悪用しているわけだ。

 着信記録があるので誰かなと思って電話をかけ直してみると、いきなり消費者ローンの広告が始まったり、風俗関係の広告が始まったり、うんざりしてしまう。無差別に電話をかけるので子供の携帯にもかかってくるし、1分おきに続けて電話がかかってくるので日常生活に支障を来たし、携帯電話の番号を変えざるをえなかったという人もいる。長引く不景気でなんとか財布の紐を縛り付けたいところ、ワン切りのせいで無駄な通話料がどんどん増えるからむかついてしょうがないとキャリア側に対策を求めるユーザーの声も後を絶えない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料