PR

 Windows7は、タスクバーの操作性が大きく変わり、ファイル選択やウインドウの切り替えが楽になった。ファイル管理の手法をガラリと変える「ライブラリ」機能も注目だ。

 Windows7の画面を見て最初に気付くのは、タスクバーの変化だ。バーの厚みが増し、左端に大きめのアイコンが並ぶ。実はこのタスクバーこそ、Windows7の操作性を高める最大の改良点なのだ(図1)。

●タスクバーが「クイック起動」バーと統合される
図1 VistaやXPでは、よく使うソフトを起動するためのボタンが「クイック起動」バーとしてタスクバーの左端に配置されていた。そのため、タスクバーの表示領域が狭くなりがちだったが、Windows7では起動ボタン自体が、タスクバーの役割も果たす
図1 VistaやXPでは、よく使うソフトを起動するためのボタンが「クイック起動」バーとしてタスクバーの左端に配置されていた。そのため、タスクバーの表示領域が狭くなりがちだったが、Windows7では起動ボタン自体が、タスクバーの役割も果たす
[画像のクリックで拡大表示]

 XPやVistaのタスクバーには、よく使うアプリケーションソフトをワンクリックで起動するための「クイック起動」ボタンが左端に配置されていた(XPは初期状態では非表示)。その右側が、起動中のソフトを表示するエリアで、横長のボタンが並ぶデザインだった。従来のタスクバーが備えるこれら2つの機能を統合したのが、Windows7のタスクバーだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い