PR
渡辺 勝弘、園田 道夫、有限会社タプレ

 ある日突然「あなたが当選しました」「景品が当たりました」といったメールが届くことがあります。少額の経費を負担すれば高額品がもらえるというものです。この経費をだまし取るのが目的です。いろいろな懸賞に応募している人も、応募をしたことがない人も被害にあっています。

 「おめでとうございます。あなたが選ばれました」。

 会社員の河谷さん(仮名)は、ある日突然こんなメールを受け取りました。「おかしいな。懸賞なんて申し込んだかな?」。そう思いましたが、メールを読んでいくうちに疑問は消し飛んでしまいました。

 「あなたは、弊社企画の夏のボーナスプレゼントで、めでたく大画面プラズマテレビに当選いたしました。当選品の配送につきまして以下までご連絡ください」。

 さっそくメールの送り主である○○通信株式会社に連絡しました。担当者によると、発送に三週間ほど必要で、運送などにかかる4万円の経費は当選者に負担して欲しいとのこと。一瞬迷いましたが、普通に購入すれば50万円ほどするものが4万円で手に入るのならと思い、指定された住所に現金書留で送りました。

 それから3週間、待てど暮らせどプラズマテレビは届きません。不安になった河谷さんが○○通信株式会社に電話したところ、「おかけになった電話番号は現在~」。

 この時初めてだまされたことに気が付いたのです。○○通信株式会社もダミーの会社で、他にも多くの人が被害にあったことを知ったのは、それから半年ほど後のことでした。

  応募せずに当選するはずはない

イラスト:きよすけ、笹野 喜嗣