PR

 HTMLだけでリッチなWebサイトを楽しめる世界。それを目指してグーグル、マイクロソフト、アップルなどWebブラウザーの開発元は、こぞってHTML5への対応を急ぐ。パソコン以外の機器への移植も積極的に進める。

 主要なWebブラウザーのHTML5対応はどこまで進んでいるのだろうか。順に見ていこう。

 まずはグーグル。Web検索で最大手の同社は、HTML5に関しては業界の旗振り役といえる。積極的にHTML5の標準化にかかわっており、その影響力は非常に大きい。

 同社はWebブラウザー「Chrome」を開発し、2008年から無料で配布している。Chromeは、「Chromium」と呼ぶ自社が主催するWebブラウザー開発プロジェクトがベースとなっている。Chromiumでは、HTML5の仕様策定を進めているW3CやWHATWGといった標準化団体と足並みをそろえ、追加する新機能を実際にプログラムとして作成。これをソースコードごと公開しているため、他メーカーはこれを自社のWebブラウザーに流用できる(図1)。Chromiumの成果を取り込み、グーグル独自の機能を追加したカスタム仕様版がChromeということになる。

【HTML5を全面採用したWebブラウザー「Chrome」で業界を先導】
図1 グーグルは自社でWebブラウザー「Chrome」を開発し、無料で配布する。開発の基になっているのが、「Chromium」と呼ぶWebブラウザーを開発するプロジェクト。オープンソースで他メーカーに公開する一方で、これを活用し各種独自機能を盛り込んだChromeを開発する
図1 グーグルは自社でWebブラウザー「Chrome」を開発し、無料で配布する。開発の基になっているのが、「Chromium」と呼ぶWebブラウザーを開発するプロジェクト。オープンソースで他メーカーに公開する一方で、これを活用し各種独自機能を盛り込んだChromeを開発する
[画像のクリックで拡大表示]

 ChromeはWindows版とMac版のほかにも、より幅広い機器へ移植されている。ネットブックなどを狙った現在開発中の同社独自のOS「Chrome OS」、スマートフォンOS「Android」、5月に発表したテレビ向けプラットフォーム「Google TV」のそれぞれで、WebブラウザーとしてChromeを採用している。自社のOSを搭載した機器なら、最新のHTML5技術に対応したWebサイトを同じように見られるようにする戦略だ(図2)。

【機器を問わず、ChromeでHTML5サイトを利用できる世界を目指す】
図2 ネットブックOS「Chrome OS」、スマートフォンOSの「Android」、テレビ向けプラットフォーム「Google TV」など、同社はさまざまな機器プラットフォームを手掛けるが、いずれもChromeが動作する前提で設計されている。自社製Webブラウザーで、HTML5を普及させたい考えだ
図2 ネットブックOS「Chrome OS」、スマートフォンOSの「Android」、テレビ向けプラットフォーム「Google TV」など、同社はさまざまな機器プラットフォームを手掛けるが、いずれもChromeが動作する前提で設計されている。自社製Webブラウザーで、HTML5を普及させたい考えだ
[画像のクリックで拡大表示]