PR

 利用者が急増中のスマートフォンでもファイルが「開けない」「見られない」トラブルは起こり得る。代表例をいくつか紹介しよう。

 米アップルの「iPhone」は、メールに添付されたテキストファイルを開こうとすると文字が化けて判読できないトラブルが発生する(図A)。具体的には、本文が記述済みのメールに「シフトJIS」や「EUC」などの文字コードで記述されたテキストファイルを添付すると文字化けする。アップルは、2008年の時点でこのトラブルを把握しているが、メールアプリは未修正のままだ。

 添付ファイルが文字化けするトラブルは、メール本文が記述されていなければ起きないので、テキストファイルのみを添付したメールを再送してもらう方法が手っ取り早い。この際、件名は記述したままでも構わない。メールの転送機能を利用して、本文を削除したメールを自分宛てに再送するのも手だ。

●iPhoneメールの添付ファイルが文字化け
図A iPhoneのメールに日本語のテキストファイルを添付すると文字が化けて判読できない。この問題は、メールに本文が記述済みの場合に発生する。本文なしで再送してもらうか、自分宛てにメール本文を削除して転送すれば文字化けを回避できる
図A iPhoneのメールに日本語のテキストファイルを添付すると文字が化けて判読できない。この問題は、メールに本文が記述済みの場合に発生する。本文なしで再送してもらうか、自分宛てにメール本文を削除して転送すれば文字化けを回避できる
[画像のクリックで拡大表示]