PR

 ウィンドウズ・パソコンの不満の1つに、「起動に時間がかかる」ことがある。最近流行りのスマートフォンやタブレットは、起動が高速なので、そちらに慣れるとより遅く感じられる。

 それを打開すべく、ウィンドウズ8ではパソコンの起動を高速化する「ハイブリッドブート(高速スタートアップ)」という新しい機能が組み込まれた。編集部で実際に起動時間を測定したところ、ウィンドウズ7のシャットダウンからの起動と比較して、実に42%も短縮された(図1)。この驚くべき高速化の仕組みを見ていこう。

図1 ウィンドウズ8で導入された新しい起動モード「ハイブリッドブート」を使うと、どの程度起動時間が短縮するかを調べた。ウィンドウズ7のシャットダウンからの起動に比べ、42%も高速化した
図1 ウィンドウズ8で導入された新しい起動モード「ハイブリッドブート」を使うと、どの程度起動時間が短縮するかを調べた。ウィンドウズ7のシャットダウンからの起動に比べ、42%も高速化した
[画像のクリックで拡大表示]

OSの中核だけ保存して、そのほかはリフレッシュ

 パソコンの起動時には、(1)OS起動に必要な膨大なファイルの読み込みと初期化、(2)ハードウエア(ドライバー)の初期化、(3)ユーザー設定状況の読み込み─といった作業が順次実行される。特に(1)の作業は時間がかかる。このため、パソコンの劇的な起動短縮は難しかった。

 これまでも、ユーザーが利用しているウィンドウズの状態を“丸ごと”一時保存して、そこから復帰することで、起動を高速化する仕組みはあった。メモリーに状態を保存する「スリープ」や、HDDに保存する「休止状態」だ。しかし「OSの状態がリフレッシュされないといったことから、積極的に使うユーザーは少なかった」(マイクロソフト)。

 そこで開発されたのが今回のハイブリッドブートだ。これは、通常起動と休止状態のいいとこ取りをしたもの。休止状態では、今使っている状態をユーザーの設定や起動中のアプリの情報まで含めて丸ごと保存する。一方ハイブリッドブートでは、OSの中核機能(カーネル)だけを保存する。そして、これ以外の情報はすべてリフレッシュされる(図2)。

●休止状態と通常起動のいいとこ取り
図2 休止状態では作業中の状況をすべてHDDに保存し、復帰時にそのときの状態をすべて「再現」する(左)。ハイブリッドブートでは、OSの重要なコア部分のみをHDDに保存する。保存する容量が少ないので時間も短い
図2 休止状態では作業中の状況をすべてHDDに保存し、復帰時にそのときの状態をすべて「再現」する(左)。ハイブリッドブートでは、OSの重要なコア部分のみをHDDに保存する。保存する容量が少ないので時間も短い
[画像のクリックで拡大表示]

 保存するのがカーネルだけなので、休止状態ファイルの読み込みにかかる時間は短くなる一方で、OSの状態やハード(ドライバー)は初期化されるため、動作は安定するというわけだ(図3)。

図3 ハイブリッドブートなど、各種起動プロセスでどんな作業をしているのかを整理した。OSの基本的なサービスの読み込み作業などが必要なくなり、起動時間が大幅に短縮されることがわかる
図3 ハイブリッドブートなど、各種起動プロセスでどんな作業をしているのかを整理した。OSの基本的なサービスの読み込み作業などが必要なくなり、起動時間が大幅に短縮されることがわかる
[画像のクリックで拡大表示]