PR

Q06 USB 3.0より2倍高速

正解=A

 「Thunderbolt」は、米インテルと米アップルが共同開発した高速インタフェース規格。メタル配線を採用した場合の最大データ転送速度は10Gビット/秒。最大5Gビット/秒の「USB 3.0」の2倍になる。第一弾としてメタル配線を採用したが、いずれは光配線を使って100Gビット/秒まで高速化する計画だ。

 アップルは2011年2月以降、この端子を採用した製品を投入している。Windowsパソコンでも、今後は搭載製品が登場する見込みである。

●最大10Gビット/秒の転送速度を実現する「Thunderbolt」
Thunderboltの最大転送速度は10Gビット/秒で、USB3.0より2倍速い。供給電力は10Wで、より大きな電力を必要とする周辺機器をバスパワーで駆動できる。端子の形状は、「MiniDisplayPort」と同じだ
Thunderboltの最大転送速度は10Gビット/秒で、USB3.0より2倍速い。供給電力は10Wで、より大きな電力を必要とする周辺機器をバスパワーで駆動できる。端子の形状は、「MiniDisplayPort」と同じだ
[画像のクリックで拡大表示]