PR

 NECアクセステクニカは、iPhone(アイフォーン)やアンドロイド搭載のスマートフォンなど向けに、無線LANの設定が簡単に行える「AtermらくらくQRスタート」の提供を開始しました。無線LAN親機に付属するQRコードをカメラで撮影するだけで、SSIDや暗号化キーの入力が完了します。面倒がないのはもちろん、入力ミスも防げます。設定に必要なアプリは、「App Store」(アップストア)や「グーグルプレイ」から無料でダウンロードできます。

対応の親機には、QRコードが印刷された資料が付属する。このQRコードを専用アプリで撮影すれば(左)、面倒なSSIDや暗号化キーの設定が自動で済んでしまう(右)。
対応の親機には、QRコードが印刷された資料が付属する。このQRコードを専用アプリで撮影すれば(左)、面倒なSSIDや暗号化キーの設定が自動で済んでしまう(右)。
[画像のクリックで拡大表示]

[注1]WR9500Nの単体モデルとWR8370N(HPモデル)は、5月下旬生産分から対応。対応親機の詳細は、http://121ware.com/aterm/をご覧ください。

 5月上旬に発売した「WR8175N」などの新機種に加えて、既存の一部の親機もQRスタートに対応します。既存の親機については、5月下旬の生産分よりQRコードが付属する予定です。対応の親機を現時点で購入している場合は、SSIDなどをキーボードから入力する必要はありますが、「QRコード作成WEB」というページでQRコードを作成できます(下図)。

QRコード作成WEB
既に対応の親機を持っている場合は、「QRコード作成WEB」のページで製品名やSSIDなどを入力すると、QRコードが作成できる。
既に対応の親機を持っている場合は、「QRコード作成WEB」のページで製品名やSSIDなどを入力すると、QRコードが作成できる。