PR

 携帯電話を電子マネーのカードや定期券代わりに使える「おサイフケータイ」を使いこなしているという人も多いだろう。リーダーに端末をタッチさせるとピピッと読める。これもアンテナを通してデータをやり取りする無線通信の一種だ。

 最近人気のスマートフォンの場合は、海外メーカーの製品などでおサイフケータイの機能がないものがある。海外メーカーにとって、日本独自のサービス向けに機能を実装することはコストに合わないことがあるからだ。ただ、今後はその状況は徐々に変化していきそうだ。近距離無線通信の規格を統一した「NFC(Near Field Communication)」方式が世界中に広がりつつあるからだ。

 NFCは、おサイフケータイで使われているFeliCa方式のほかにもType A/Bといった複数の方式をまとめた規格(図A)。用途は主に3種類。一つは街中のカードなどを読み取るリーダー/ライターの機能。次にICカードの代わりに使うエミュレーション機能、最後にNFCの機器間でデータをやり取りする端末間通信(P2P)の機能である(図B)。

●複数方式の上位互換性を持つ国際規格が「NFC」
図A 近距離無線通信の規格にはSuicaやおサイフケータイで普及しているFeliCaのほかにも、複数の方式がある。これらの上位互換としてまとめた規格がNFCである
図A 近距離無線通信の規格にはSuicaやおサイフケータイで普及しているFeliCaのほかにも、複数の方式がある。これらの上位互換としてまとめた規格がNFCである
[画像のクリックで拡大表示]

●NFCで想定する用途は3種類
図B NFCには、「リーダー/ライター」「カードエミュレーション」「端末間通信」と3つの機能がある。日本の携帯電話では実現できていた機能も多い。海外製のスマートフォンでもNFC対応機種であれば、これらの用途を実現可能となる
図B NFCには、「リーダー/ライター」「カードエミュレーション」「端末間通信」と3つの機能がある。日本の携帯電話では実現できていた機能も多い。海外製のスマートフォンでもNFC対応機種であれば、これらの用途を実現可能となる
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、NFCの規格では無線の送受信の技術に関する部分しか定めていない。おサイフケータイのような個人情報を扱う用途に対応するには、それぞれの方式に合わせたセキュリティ機能を別途搭載しなければならない。NTT ドコモは2012年内にFeliCaとType A/Bのセキュリティ機能を搭載したスマートフォンを投入することを目指している(図C)。

●個人情報を扱う用途では別途セキュリティ機能が必要
図C NFCの規格は通信の方法に関する部分のみで、個人情報を扱う用途では各方式のセキュリティ機能を実装することが必要となる。今後登場するNFC対応のスマートフォンでは、複数方式のセキュリティ機能を個別に実装することになる見通しだ
図C NFCの規格は通信の方法に関する部分のみで、個人情報を扱う用途では各方式のセキュリティ機能を実装することが必要となる。今後登場するNFC対応のスマートフォンでは、複数方式のセキュリティ機能を個別に実装することになる見通しだ
[画像のクリックで拡大表示]