PR

Facebookを使っていると「この言葉はどんな意味なの?」「こんなことはできないのかな?」といった疑問も出てくるだろう。ここでは、Facebookユーザーなら誰もが経験するであろう基本的な疑問を取り上げる。ベテランユーザーでも見落としている機能があるかもしれないので、ぜひ一読してほしい。

Q パソコンとスマートフォンの画面が違う 機能にも違いはあるの?

A 基本的な機能はどちらも同じだが、それぞれに独自の機能もある

 Facebookは、パソコンのブラウザーソフト利用する方法とスマートフォンなどのモバイル版のアプリを利用する方法がある。自分で記事を投稿したり、友達の投稿を閲覧したりする分にはどちらでも問題ないが、パソコン版でないとできない設定や、モバイル版ならではの独自機能もある。

 なお、モバイル端末のブラウザーアプリを利用してもFacebookのモバイルサイトにアクセスすることはできる。しかし、その場合の画面表示や操作方法はモバイル版のアプリを利用した場合とほとんど同じ。パソコン独自の機能を利用するには「デスクトップサイト」に切り替える必要がある。

1 「付近の情報」は、モバイル版アプリ独自の機能。ブラウザーアプリで開いた場合、メニューには表示されない。
1 「付近の情報」は、モバイル版アプリ独自の機能。ブラウザーアプリで開いた場合、メニューには表示されない。
[画像のクリックで拡大表示]

2 「付近の情報」をタップすると、GPS機能を利用して取得された現在地の周辺スポット情報などが表示される。
2 「付近の情報」をタップすると、GPS機能を利用して取得された現在地の周辺スポット情報などが表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

3 「チェックイン」を利用すれば、現在地の情報を追加した記事を投稿できる。これはブラウザーアプリの「スポット」に当たる機能だ。
3 「チェックイン」を利用すれば、現在地の情報を追加した記事を投稿できる。これはブラウザーアプリの「スポット」に当たる機能だ。
[画像のクリックで拡大表示]

4 ブラウザーソフトの場合は、「チェックイン」ではなく、「スポット」が表示される。現在地に関係なく、記事に位置情報を追加できる。
4 ブラウザーソフトの場合は、「チェックイン」ではなく、「スポット」が表示される。現在地に関係なく、記事に位置情報を追加できる。
[画像のクリックで拡大表示]

5 「広告を掲載」は、ブラウザーソフトならではの機能。モバイル端末のブラウザーでは表示されないため、パソコンが必須だ。
5 「広告を掲載」は、ブラウザーソフトならではの機能。モバイル端末のブラウザーでは表示されないため、パソコンが必須だ。
[画像のクリックで拡大表示]

6 ブラウザーアプリでFacebookにアクセスした場合は、メニューの最下段に「デスクトップサイト」が表示される。
6 ブラウザーアプリでFacebookにアクセスした場合は、メニューの最下段に「デスクトップサイト」が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]