PR

(1)ウイルス対策ソフトを標準搭載

 基本的なウイルス対策の一つが、ウイルス対策ソフトを利用することだ。これまでは、OSとは別にウイルス対策ソフトを用意する必要があったが、Windows 8は「Windows Defender」(以下、Defender)というウイルス対策ソフト(機能)を標準搭載する(図1)。初期設定で有効なので、ユーザーが何もしなくても、ウイルス感染を防いでくれる。

 Defenderというソフトは、VistaやWindows 7にも搭載されている。ただし、それらとWindows 8のDefenderは、検出する脅威の対象が大きく異なっている(図2)。

 マイクロソフトによれば、Vista/7が搭載するDefenderが対象とするのは、スパイウエアとアドウエアおよび「望ましくない可能性のあるソフトウエア」に限られる。このため、Defenderだけでは十分なウイルス対策ができず、別途、ウイルス対策ソフトを導入する必要があった。

 一方、Windows 8のDefenderは、一般的なウイルス対策ソフトと同様に、ウイルス全般を検出対象とする。

●「Windows Defender」でウイルスを検出・駆除
図1 Windows 8に標準搭載されたウイルス対策ソフト「Windows Defender」(以下、Defender)の画面例(左)と、ウイルス検出時にデスクトップ上に表示されるメッセージ(上)
図1 Windows 8に標準搭載されたウイルス対策ソフト「Windows Defender」(以下、Defender)の画面例(左)と、ウイルス検出時にデスクトップ上に表示されるメッセージ(上)
[画像のクリックで拡大表示]

●名前は同じでも、検出対象は大きく異なる
図2 Windows Vista/7に搭載されているDefenderと、Windows 8に搭載されているDefenderの検出対象の違い。Windows 8ではウイルス全般が対象になるのに対して、Vista/7のDefenderではスパイウエアやアドウエアなどに限られる
図2 Windows Vista/7に搭載されているDefenderと、Windows 8に搭載されているDefenderの検出対象の違い。Windows 8ではウイルス全般が対象になるのに対して、Vista/7のDefenderではスパイウエアやアドウエアなどに限られる
[画像のクリックで拡大表示]