PR

11ac「正式版」へのアップデートは可能?

 現時点では正式版になる前のドラフト段階にある「11ac」。製品を購入するとき、気がかりなのは11acが正式版となったとき、アップデートできるかという点だろう。

 11acは、2011年ごろから規格の策定作業が本格化。既に「規格のベース部分はほぼ固まり、定まっていないのはオプション部分。今後、大幅な変更はない」というのが、無線LAN製品を作る周辺機器メーカーの一致した意見だ。

●標準化一歩手前の11ac、策定作業が続く
2013年3月末に11ac(Draft)を使用する認可が下り、11ac対応の無線LAN親機が立て続けに登場した。正式版の策定時期は固まっていないが、策定後は11acが一気に普及するとみられている
2013年3月末に11ac(Draft)を使用する認可が下り、11ac対応の無線LAN親機が立て続けに登場した。正式版の策定時期は固まっていないが、策定後は11acが一気に普及するとみられている
[画像のクリックで拡大表示]

 しかし、今のところ11ac正式版へのアップデートを保証した製品はない。そこで注目したいのが、今年6月開始予定の「11acの認定プログラム」だ。これは、無線LAN製品の認証作業を行うWi-Fiアライアンスが、11acの動作を認定するもの。

 Wi-Fiアライアンスの認定ロゴ付きの無線LAN親機や子機は、11acが完成した際には正式版へのアップデート・サービスを受けられる。アップデート後の相互接続も保証されるという。また認定11ac同士なら、メーカーが異なっても接続が保証される。互換性を気にすることなく安心して11acを導入したいなら、もう少し待って認定マーク付きの製品を選ぶのも一つの方法だ。