PR

写真は「未瑛子」さん。
写真は「未瑛子」さん。
[画像のクリックで拡大表示]

 タップとは、タッチスクリーンを指で軽く1回叩くことです。これはスマートフォンを操作する上で、1番基本的な操作です。アプリの起動やメニューの実行、フォルダーを開くなどに使います。

 タップされたと判断されるのは、画面を押した瞬間ではなく、指を離した瞬間になります。パソコンのマウス操作で言うところの「左クリック」に相当します。

 指でタッチスクリーンを素早く2回叩くことを「ダブルタップ」といいます。例えばWebブラウザー上でダブルタップをすると文章が画面の幅に収まるように拡大・縮小されます。メールの場合、単語が選択されます。

 指でタッチスクリーンを押さえた状態のまま、しばらく指を離さないことを「ロングタップ」といいます。使っているアプリの機能メニューを呼び出したり、ホーム画面のアイコンを動かせる状態にできます。