PR

PCオーディオで再生できる音源にはさまざまな種類がある。それらの違いや入手方法について簡単に紹介していこう。

楽曲データの入手方法は2つ

[画像のクリックで拡大表示]

 楽曲データの入手方法は、大きく2つに分かれる。

 1つは手持ちの音楽CDをリッピングする(パソコン内にデータとして取り込む)方法で、もう1つは音楽配信サービスからダウンロード購入する方法だ。

 「早速ハイレゾ音源を入手して聴きたい」という人も多いだろうが、もしCDを「AAC」や「MP3」などの「非可逆圧縮」形式でリッピングしている人は、まず「非圧縮」か「可逆圧縮」の形式でリッピングし直すことから始めるといいだろう。

リッピング時のファイル形式に注意

 CDからリッピングする場合は、そのファイル形式に注意したい。Windows、Mac用の定番楽曲管理・再生ソフト「iTunes」などを利用する場合、初期設定ではAAC形式でリッピングする設定になっている。しかしAACやMP3などは非可逆圧縮形式のため、CDよりも音質が劣化してしまう。これからPCオーディオを高音質で楽しみたいという人は、可逆圧縮形式か非圧縮形式を選ぼう。

各種データ形式の特徴とメリット/デメリット

 楽曲の記録方式は、大きく「リニアPCM方式」と「DSD方式」の2つに分かれるが、ここでは主流になっているリニアPCM方式での各種データ形式のメリット/デメリットを紹介していこう。

[画像のクリックで拡大表示]