PR

 手軽に持ち運べるスマートフォンやタブレットこそWi-Fiのメリットが実感できる機器。自宅でインターネットにつなぐ以外に、デジカメなど様々な機器と自在にデータをやり取りできます。

 スマートフォンやタブレットは、ほかの機器とWi-Fiでつながることで、活用の幅が広がります。パソコンとはケーブルでつながなくても、無線でファイルをやり取りできます。パソコンで作ったファイルをスマートフォンに取り込んで外出先で見たり、反対にスマートフォンで撮影した写真をパソコンに保存したりするのも簡単です。

 周辺機器の中にもWi-Fiでスマートフォンやタブレットと連携できるものが増えてきました。プリンターでは、スマートフォンで撮った写真やタブレットで見ているホームページを直接印刷できます。デジカメは、撮った写真をその場でスマートフォンに取り込んで、SNS(5はみ出し用語)に投稿したりメールで送ったりできます。

 外出先から自宅の様子を見られるネットワークカメラや、通話料を気にせずビデオ通話ができる電話アプリなど、ほかにもスマートフォンのWi-Fi機能を生かせる製品やサービスがいっぱい。次のページからその具体的な使い方を見ていきます。[注1]

[注1]ここで紹介するアプリの多くは、AndroidとiPhone(アイフォーン)/iPad(アイパッド)で使い方がほぼ同じです。操作が違うアプリは両方を併記しています。