PR

 出先でネットに接続できれば、メールやホームページのチェックができて便利。利用エリアがほぼ携帯電話と同じで広い「モバイルルーター」と無料サービスもある「公衆無線LAN」の2つに注目です。

選択肢は「LTE」か「WiMAX」

 モバイルルーターを使う通信サービスには、主に「LTE(エルティーイー)」と「WiMAX(ワイマックス)」という二つの方式があります。LTEはNTTドコモなどの携帯電話会社、WiMAXはUQコミュニケーションズという通信会社が提供しています。

無料で使えるサービスもある

 最近、店舗の入口に「Wi-Fi」と掲示しているカフェやコンビニエンスストアが増えています(下図)。これが公衆無線LANの目印。基本的には、駅や飲食店など人が集まる場所にあり、無料~月500円程度で利用できます。

 小型のノートパソコンやタブレットの普及に併せて、出先でもネットが利用できる通信サービスが充実してきました。

 選択肢は大きく2つあります。1つ目は「モバイルルーター」を使う方法です。モバイルルーターとは、携帯電話(3G)回線を使ってネットに接続できる小型の無線LAN親機のこと。通信エリアが広く、携帯電話と同様に様々な場所で使えるのがメリットです。

 二つ目は「公衆無線LAN」。駅などの公共施設や、カフェなどの店舗内にある親機に接続するサービスです。利用場所は限られますが、料金が安いため、手軽さで言えばモバイルルーターより一枚上です。

 どちらの通信サービスも、パソコンやタブレットのWi-Fi機能を介して、ネットに接続します。それぞれの通信サービスは様々な事業者が提供しており、通信方式や料金などに細かい違いがあります。

 それでは次ページから、サービスの違いや選び方のポイントを紹介しましょう。